研究業績を更新しました。

慶應義塾大学時代の共同研究がpublishされました。Murayama AY et al., Scientific Reports 10(1):21516 (2020)